おおいわ消化器クリニック

おおいわ消化器クリニック,名古屋市,中区,内視鏡

〒460-0004 愛知県名古屋市中区新栄町1-3
日丸名古屋ビル8階
TEL:052-959-5560

名古屋市胃がん検診(内視鏡)
院長ブログ

ドクターズファイル

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

検診

当クリニックで行っている検診の一覧

二人に1人はがんになってしまう時代です。
症状のないうちに早期発見して早期治療しましょう。

胃がんは検診の効果で亡くなる方は減りつつありますが、胃がんになる方は高齢化の影響もあり減ってはいません。

大腸がんは食生活の変化のため増加しています。女性ではがん死因の一位です。

肝がんは肝炎ウイルス感染が最も多い原因です。飲酒や脂肪肝からがんになることもあるため、肝機能異常を指摘されたら受診されることも大事です。

繰り返しになりますが、早期発見が大事です。

 
  対象 受診回数 自己負担額 内容
胃がん検診
(内視鏡)
50歳以上の名古屋市民の方
(今年度に50歳になる方を含む)
2年に
1回
500円
70歳以上は無料
保険診療分は別途支払いあり
問診
内視鏡検査
(経鼻、経口)
同意書が必要
大腸がん検診 40歳以上の名古屋市民の方
(今年度に40歳になる方を含む)
1年に
1回
500円 問診
便潜血検査
(2日法)
C型/B型肝炎ウィルス検査 過去にC型・B型肝炎ウィルス検査を
受けたことのない方
1回のみ 無料 問診
血液検査
 

会社などの検診で同等の検診を受ける機会のある方は対象外です
症状のある方は保険診療となります

当院では特定健康診査・健康診査は行っていません。

広島県「がん検診へ行こうよ」推進会議のポスターです。クリニック内にも掲示しています。

胃がん検診(内視鏡)

名古屋市では2016年10月から内視鏡による胃がん検診が導入されました。
もちろん、「胃がん検診」とはいえ、食道も十二指腸も観察しますし、健康保険で行う内視鏡検査と内容では変わりありません。

検査(観察のみ)の費用負担は500円70歳以上は無料)です。
腫瘍が疑われる場合のみ、医師の判断で組織検査が行われます。
これは保険診療で行われますので追加費用が必要となります(3割負担時で3960円)。

内視鏡検診は2年に一度となります(X線検診は毎年可能です)。

当院では、経鼻内視鏡、経口内視鏡を選んでいただくことが可能です。

予約制で行います。電話予約も可能です。予約の際には「名古屋市の内視鏡検診希望」とお伝えください。
予約時には内服されているお薬持病についてもおうかがいします。
検査時には必ず保険証をお持ちください

結果は当日説明しますが、病理組織の結果や正式書類は後日となります。

注意
胃がん検診ではピロリ菌の検査はできません。胃炎があれば保険診療で行うことになります。
胃がん検診では鎮静薬の使用は認められていません。鎮静薬を希望の方は保険診療となります。

大腸がん検診

大腸がんはこれまで欧米に多いがんと言われてきましたが、食生活の欧米化、つまり動物性脂肪の摂取量の増加と食物繊維の摂取量の減少が原因となり、日本人でもこの30年で約6倍に増え、女性ではがん死亡原因の1位となっています

しかし、大腸がんは胃がん以上に早期に発見し早期に治療すれば95%以上で完治します

自覚症状がないうちに発見するには定期的な検診が非常に大事です。

定期的な検診の受診で大腸がんで亡くなる危険が60-80%減ることがわかっています。
検診を受診された方の約7%が陽性で、精密検査として内視鏡検査を受けた方の約5%に大腸がんが見つかっています。

40歳以上の方は毎年、大腸がん検診を受けましょう

B型・C型肝炎ウイルス検査

これまでにB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス検査を受けたことがない方で

  • 自分のB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス検査の結果をご存じない方
  • 家族にB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスに感染している方、肝がんの患者さんがいる方
  • 健康診断の血液検査で肝機能検査の値の異常を指摘されたのに、医療機関を受診していない方
  • 母指感染予防策が実施されていなかった昭和60年以前に生まれた方
  • 輸血や大きな手術を受けた方
  • 入れ墨(タトゥー)を入れたり、医療機関以外でピアスの穴を開けたことがある方

肝炎ウイルス感染者(B型肝炎、C型肝炎)は日本で210~280万人いると推測されていますが、その3割の人は自分が感染していることに気づいていないと考えられています。肝炎ウイルスに感染していても、肝臓は「沈黙の臓器」と称されるように自覚症状がないため、肝硬変や肝がんに進行している人が少なくありません。
一般にB型およびC型肝炎ウイルスは、血液や体液を介して感染するので1992年以前の輸血歴、不衛生なピアス処置や麻薬の回し打ちなどが感染リスクと考えられますが、感染機会が明らかでない場合も多々あります。

最近のウイルス性肝炎の治療は進歩しています。例え肝炎ウイルスに感染していても、医療機関で適切な治療を受けることで、深刻な症状に進行するのを防ぐことができます。現在、ウイルス性肝炎は治る、もしくはコントロールできる病気になっています。

肝炎ウイルス検査を受けたことがない方、自分が感染しているかどうか分からない方は、一度検査を受けてみてください!